TANE to MI SLECT 東神楽町

東神楽の種と実セレクトについて

画像:ロゴマーク

北海道大雪山連峰のふもとに広がる上川盆地の肥沃な土壌と自然豊かな町並み、
稲作を中心とした東神楽の農業と商工業は、北海道でも有数の産地となっています。
そんな東神楽にあるモノや魅力を日本・世界へ発信していきたい。
魅力を新たに発掘し、発信していくため「東神楽の種と実セレクト」を制定しました。
ブランドプロデュースにMIRU DESIGN青木昭夫さんが就任。
今後は、東神楽が厳選し認定した農産物や家具を「東神楽の種と実セレクト」商品として、発信していきます。

ロゴマークのコンセプト

画像:飛行機の軌跡、実、鳥を組み合わせたロゴデザイン
画像:東神楽の花に、果実が実り、種が運ばれていく 種子散布
東神楽の特色、「空港」「自然」種子散布 空を飛び、種を運ぶ、鳥

ブランドデザイン制作

東神楽統一ブランドデザイン創造事業にあたっては、毎年6月に旭川市で開催される
『ASAHIKAWA DESIGN WEEK(旭川デザインウィーク)』のクリエイティブディレクターとしても活躍する青木昭夫さんが
ブランドデザイン全体のディレクションを担当。ロゴマークのデザインは、多摩美術大学の非常勤講師などを務める
グラフィックデザイナーの岡本健さんが担当。
青木さん、岡本さんには協議会の運営支援や委員の意見のとりまとめのほか、
町内をくまなく回ることで、町の魅力を実感し理解を深めていただきながら制作を進めました。

顔写真

クリエイティブディレクター 青木 明夫(株式会社ミルデザイン代表)

1978年東京生まれ。 2005年~2009年デザインイベント「DESIGNTIDE TOKYO」のディレクターを経て、2009年MIRU DESIGNを始動。プロダクト、インテリア、建築、グラフィックなど、さまざまなデザイナーのネットワークを活かし、 展覧会や商品開発の企画、プロデュースをおこなう。また、音楽家・坂本龍一氏が代表を務めるmore treesのプロダクトディレクション、インテリアライフスタイル展のクリエイティブディレクション、東京ミッドタウンにて隈研吾氏が手がけた「つみきのひろば」など大きな話題をつくり出すプロジェクトを数多く手がけている。

顔写真

デザイナー岡本 健(株式会社岡本健デザイン事務所代表)

グラフィックデザイナー。1983年群馬県生まれ。千葉大学文学部行動科学科にて心理学を専攻、研究の一環で調べたグラフィックデザインに興味を持ち、方向転換。卒業後、数社のデザイン事務所にて実務経験を積み、株式会社ヴォル、株式会社佐藤卓デザイン事務所を経て2013年に独立。2015年より株式会社岡本健デザイン事務所を設立。2016年、多摩美術大学統合デザイン科非常勤講師を兼務。

www.okamotoken.jp新規タブで開きます

協議会の様子

ロゴマーク制作にあたっては、東神楽町をはじめ、東神楽農業協同組合、東神楽町商工会、東神楽町観光協会の
4者の代表と各団体から推薦された会員などにより、東神楽ブランドデザイン協議会とワーキンググループを設置。
延べ10回に及ぶ協議会やワークショップの開催によりさまざまな議論を重ね、
ロゴマークが完成いたしました。

  • 協議会の写真1
  • 協議会の写真2
  • 協議会の写真3
  • 協議会の写真4
  • 協議会の写真5
  • 協議会の写真6
地図
東神楽町
郵便番号071-1592 北海道上川郡東神楽町南1条西1丁目3番2号アイコンMAP
代表電話:0166-83-2111
ファックス:0166-83-4180