町税の納付

2021年6月11日

町税の納期

種類別納期一覧表
税の種類 納付する月
町道民税(普通徴収分) 7月、9月、11月、1月
固定資産税(都市計画税を含む。) 7月、9月、11月、1月
軽自動車税(種別割) 7月

注意:納付する月の最終日が納付期限となりますが、最終日が土曜日・日曜日・祝日の場合は、翌平日が納付する月の期限になります。

納税方法について

納付書で納付

会計課・ふれあい交流館住民サービスセンター及び次の金融機関に納税通知書を持参のうえ納税してください。

  • 北央信用組合(本店、各支店)
  • 東神楽農業協同組合(本店、各支店)
  • 旭川信用金庫(本店、各支店)
  • 北洋銀行(旭川市内各支店)
  • 北海道銀行(旭川市内各支店)
  • 北海道内のゆうちょ銀行及び郵便局
  • 全国のコンビニエンスストア
    (一部ご利用いただけない店舗があります。下記の取り扱い一覧をご確認ください。)

※北海道外のゆうちょ銀行および郵便局での納付をご希望の場合は、北海道外でもご利用いただける納付書をお送りしますのでお問い合わせ願います。

口座振替で納付

口座振替を利用すると、納期を忘れたり、納税のために金融機関に出向くこともなくなり、大変便利です。税務課又は旭川市内の金融機関で申込み手続きが可能です。申込みには、通帳の口座番号を確認できるもの(通帳等)、通帳に使用している印鑑、納付書が必要です。

コンビニエンスストアで納付

令和2年度から、これまで皆さんが利用していた金融機関や役場窓口に加えて、全国のコンビニエンスストアでの納付が可能となりました。
町内にあるすべての店舗のほか、下記一覧にあるコンビニであれば365日・営業時間内であれば全国どこの店舗でも納付できます。なお、手数料はかかりません。

取り扱いコンビニ一覧

  • 町内のコンビニなど
    セブンイレブン、ローソン、セイコーマート、ツルハドラッグ
     
  • その他
    ローソンストア100、MMK設置店、くらしハウス、コミュニティ・ストア、ハマナスクラブ、生活彩家、タイエー、ポプラ、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ハセガワストア、ニューヤマザキデイリーストア、ミニストップ、ヤマザキデイリーストア、スリーエイト、ヤマザキスペシャルパートナーショップ

次の場合はコンビニで納付することができません。

  • バーコードが印字されていない納付書
  • 一枚あたりの金額が30万円を超える納付書
  • 金額が訂正されている納付書
  • 汚れなどでバーコードが読み取れない納付書

スマホアプリ(LINE Pay・PayPay)で納付

令和3年度から、コンビニエンスストアで納付できる税金・料金がスマホアプリ(LINE Pay ・PayPay)を利用して納付できるようになります。なお、手数料はかかりません。

ご利用にあたっての注意点

  • 手数料はかかりません。
  • バーコードが印字されていない納付書は利用できません。
  • 領収書は発行されません。(各アプリの支払い履歴からご確認ください。)
  • 納付手続き完了後に納付を取り消すことはできません。
  • 事前に「LINE Pay」及び「PayPay」への登録及び納付額のチャージが必要です。
  • 口座振替をご利用中の方は「LINE Pay」及び「PayPay」で納付できません。口座振替の停止手続きが必要になります。
  • 軽自動車税の車検用納税証明書(継続検査等用)がすぐに必要な方は、納付書裏面に記載している金融機関窓口、コンビニエンスストア、役場会計課で納付してください。

納付の方法について

【LINE Pay請求書支払い】での納付方法
※アプリダウンロード、設定方法等についてはLINE Pay説明のページをご覧ください。

  1. 「LINE Pay」アプリの「その他」タブから「請求書支払い」をタップ。
  2. バーコードリーダーが起動するのでお手元の納付書のバーコードを読み取る。
  3. 画面上に表示されたご請求内容を確認する。
  4. 「〇〇円の決済を行う」をタップ。
  5. パスワード設定している場合はパスワードを入力する。
  6. 決済完了画面が表示され、支払い完了のメッセージが届く。
     

【PayPay】での納付方法
※アプリダウンロード、設定方法等についてはPayPayガイドページをご覧ください。

  1. 「PayPay」アプリを起動し、ホーム画面にある「スキャン」をタップ。
  2. お手元の納付書のバーコードを読み取る。
  3. 画面上に表示された請求内容を確認する。
  4. 「○○円の決済を行う」をタップ。

納税相談

税などを納付期限までに納めることが困難なときは、税務課までご相談ください。
現状の家計状態、収入状況や資産、借入の状況などをお伺いしたうえで、納税計画を立てます。
ご来庁される際は、納税通知書または納付通知書、印鑑をお持ちください。
また、事前に電話でご相談していただくことも可能です。

減免制度

対象

  • 町税
  • 大雪地区広域連合国民健康保険料

要件

  • 失職や病気などにより前年に比べて収入が著しく減少し生活困窮の状態にある場合(生活困窮とは生活保護を受けなければならない程度のことです。)
  • 災害により住宅などが著しく損害を受けた場合

手続き

上記の要件により著しく納付が困難になったときは、税務課収納対策グループまでご連絡してください。事情に応じて減免申請の手続き方法などのご相談に応じます。

申請時期

毎年6月下旬に納税通知書を発送しますので、各納付期限の7日前までに減免申請書などの必要書類を提出してください。
申請期限を過ぎますと原則として減免の対象となりません。

審査方法

町が減免申請書などを受理次第、世帯全員の貯金などの財産調査をおこないます。
調査結果をもとに減額や免除決定の可否を通知します。

カテゴリー

お問い合わせ

税務課 収納対策グループ

電話:
0166-83-5404