東神楽工業団地立地条件

2017年3月27日

立地条件について

所在地

北海道上川郡東神楽町北1条西3丁目

事業主体

東神楽町土地開発公社

面積

  • 総面積:232,718平方メートル
  • 工業用地:187,591平方メートル
  • 公共用地:45,127平方メートル

現況

全域造成済

地域指定

  1. 工業再配置促進法に基づく特別誘導地域
  2. 農村地域工業等導入促進法に基づく工業等導入地区
  3. 工場立地法に基づく工場適地
  4. 地域雇用開発等促進法に基づく雇用開発促進地域
  5. 都市計画法に基づく工業地域(特別工業地区)

地質地盤

  • 地質:第2種、平坦な沖積層で、下層は砂利層になっています。
  • N値:30から50、支持基盤までの深さ3メートル

用水

  • 地下水:1リットルあたり:鉄分0.08ミリグラム、硬度7.1PH
  • 取水可能量:1日あたり:337立方メートル

排水

公共下水道、雨水は側溝に排水

交通

空港

  • 旭川空港まで4.3キロメートル:車で7分
  • 旭川から東京間(羽田):1日7往復(所要時間95分)
  • 旭川から大阪間(関西):1日2往復(所要時間120分)
  • 旭川から名古屋間:1日2往復(所要時間100分)
  • 旭川から台北間:1週8往復(所要時間285分)
  • 旭川から北京間:1週5往復(所要時間240分)
  • 旭川から仁川間:1週2往復(所要時間180分)
  • 旭川から上海間:1週2往復(所要時間270分)

注意:海外への便は、季節により異なります。

高速

旭川鷹栖インターチェンジまで17キロメートル:車で40分

道路

国道237号線まで6キロメートル:道道東川東神楽旭川線に隣接

鉄道

JR旭川駅まで11.5キロメートル

バス

旭川駅から東神楽間(所要時間30分)

港湾

留萌港まで91キロメートル

電力

北海道電力株式会社から供給
東川変電所:(16,000キロボルトアンペア)まで0.1キロメートル、引込可能高圧線6.6キロボルトアンペア

ガス

個別(LPガス使用)

街路

団地内道路幅員8メートルから12メートル

労働力

旭川都市圏 通勤可能圏域人口:408,937人

住民基本台帳人口(平成19年3月現在/出典:北海道)内訳

  • 30分以内:東神楽町、旭川市、鷹栖町、東川町、当麻町、美瑛町/400,900人
  • 30分から60分:比布町、愛別町/8,037人
  • 平成26年7月現在、常用有効求人倍率:0.83(旭川公共職業安定所管内)

優遇措置

  1. 工業再配置促進法による補助制度
  2. 農村地域工業等導入促進法に基づく不動産取得税、事業税(3年間)、道固定資産税(3年間)の課税免除等
  3. 地域雇用開発等促進法に基づく助成制度
  4. 北海道企業立地促進条例に基づく補助制度
  5. 東神楽町工業等誘致条例に基づく町固定資産税の課税免除(3年間)

その他、条件に応じて道の中小企業振興資金、中小企業設備近代化資金、公害防止資金等の融資制度を利用できます。

 

このページについてのお問い合わせ先

担当:産業振興課

電話番号:0166-83-2114

担当:まちづくり推進課

電話番号:0166-83-2113

カテゴリー