灯油の流出事故を防ぎましょう

2021年10月4日

灯油の流出事故を防ぎましょう

例年、灯油のホームタンクの劣化や、小分けの際に不注意による灯油の流出、草刈りや除雪の際に配管を傷つけてしまったことによる灯油の流出が発生しています。
油流出事故は住宅火災の危険や、農業被害、河川や地下水が汚染されてしまい地下水を飲用できなくなる恐れがあります。
また、油を含んだ土砂やしみ込んだ油を取り除くため、莫大な費用がかかることがあります。
油流出事故を防ぐため、次のことに注意しましょう。

事故を防ぐためのチェック項目

  • ホームタンクからの配管にひび割れや、破損、極端に負担がかかった曲がりはないか確認してください
  • 管が埋設されている箇所にものを置かないでください
  • ホームタンクは傾いていないか確認してください
  • 転倒防止のためホームタンクの足を固定してください
  • 給油中はその場から離れないでください
  • 給油が終わった後は栓をしっかり締めてください
  • 灯油の減り方が急に早くなった際は流出している恐れがあるためただちに確認してください
  • 防油堤があると万一の際に被害の拡大を防ぐことができます

参考例ホームタンク防油堤.png

原因者負担について

流出した油の処理は、汚染土壌の除去、河川へのオイルフェンスや油吸着マットの設置および回収などをおこないます。
この費用については、事故を起こした人(原因者)が負担しなければなりません。

灯油の流出を発見したときは

万が一、灯油漏れを発見した場合は、至急くらしの窓口課衛生グループまでご連絡ください。

カテゴリー

お問い合わせ

くらしの窓口課 環境衛生係

電話:
0166-83-5402