ひがしかぐらPR内閣の発足について

2018年6月1日

ひがしかぐらPR内閣の発足について

東神楽町では、町や町の政策に対する知名度が低いことに対して問題意識を持っていることから、本年より、「町の特徴や政策をPRすること」と「職員のPRに対する責任感・自覚向上」を目的に「東神楽町PR担当大臣」を置くことにいたします。
今後、名刺に、正式な職名に加え、各PR大臣名を記載することにいたしますので、名刺を受け取った方は、本取組に対してご理解いただければ幸いです。

PR内閣.jpg

<ひがしかぐらPR内閣の顔ぶれ> 下段右から順に
1段目
・山本町長
2段目
・未来につなげる住まいの輪PR担当大臣:建設水道課 高田
・ひがしかぐら禁煙分煙推進担当大臣:健康ふくし課 鎌田
3段目
・子育てなんでも相談してね大臣:こども未来課 渡辺、小島
4段目
・tane to miセレクトPR大臣:まちづくり推進課 小林
・スーパー健康食育タウンPR大臣:健康ふくし課 松尾
5段目
・コミュニティスクール推進大臣:地域の元気づくり課 松永
・小中一貫教育推進大臣:教育推進課 石山
6段目
・花のまちPR大臣:建設水道課 中田
・創業支援「三本柱」PR担当大臣:産業振興課 河部

<ひがしかぐらPR内閣の制度要綱>
・PR担当大臣は、町長により任命される。
・PR担当大臣に任命される職員は10名以内とする。
・PR担当大臣は、課長補佐以下級をもって充てる。
・また、各大臣は、副大臣以下のあらゆる役職を勝手に任命することができる権限を有する。
・毎年、春頃に内閣改造、名簿発表を行う。

カテゴリー