12歳を迎えた場合の接種の取り扱いについて(現在11歳のかたへ)

2022年4月1日

接種のタイミングにより、使用するワクチンが異なります

  • 1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種までに12歳になった場合は、1・2回目ともに小児用ワクチンを使用します。
  • 1回目の接種時に既に12歳になっている場合は、1回目・2回目ともに大人用ワクチンを使用します。
  • 予防接種において、誕生日の前日から12歳として扱われますのでご注意ください(年齢計算ニ関スル法律、民法第143条)。
    例) 平成22年4月5日が誕生日のかたが、令和4年4月4日に1回目の接種を受けるときは、12歳として扱い、1回目・2回目とも大人用のワクチンを接種します。

新型コロナワクチン早見表.jpg

使用する接種券について

12歳になるまでに1回もワクチン接種を受けていないかたについては、12歳になった月の翌月1日に12歳以上の方向けの説明書、資料等を送付いたします。
その際、接種券も同封しますので、すでにお手持ちの接種券については使用せず廃棄いただくようお願いいたします。

カテゴリー

お問い合わせ

健康ふくし課 健康ふくし課 健康推進グループ

電話:
0166-83-5431