【特設ページ】新型コロナウイルスワクチン接種について(12月24日現在)

2021年12月24日

初回接種(1回目・2回目接種)における町内の集団接種は終了しました

令和3年11月27日(土曜日)をもって、総合福祉会館を会場とした初回接種(1回目・2回目接種)は終了しました。

今後、初回接種を希望されるかたは、町立診療所(小児を除く)または旭川市の集団接種会場(電話0166-25-3501)、医療機関に直接おたずねください。

町内医療機関における個別接種

詳しくは次のURLのページをご確認ください。

https://www.town.higashikagura.lg.jp/docs/12333.html

旭川市内の医療機関や集団接種会場でワクチン接種を希望されるかたへ

詳しくは次のURLのページをご確認ください。

https://www.town.higashikagura.lg.jp/docs/12224.html

インターネット予約を一時休止します

町内の集団接種が終了したことに伴い、インターネット予約を一時休止します。
追加接種(3回目接種)で再度システムが使用できるようになった場合などは、ホームページや広報紙などでお知らせします。

追加接種(3回目接種)のワクチン接種がはじまります

令和3年12月から3回目のワクチン接種が始まります。

詳細については、決まり次第、ホームページ、広報紙などでお知らせします。

追加接種(3回目接種)の概要

対象者

新型コロナワクチンの2回目接種を終えた日から、おおむね8か月以上経過した18歳以上のかた

接種回数

1回

接種費用

無料

新型コロナワクチン追加接種(3回目)の説明書

新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)の説明書(ファイザー社製) (PDF 826KB)

開始時期

令和3年12月1日から順次開始(町の集団接種は令和4年2月から開始予定)

使用するワクチン

1、2回目に使用したワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社ワクチンまたはモデルナ社ワクチン)を接種

特に追加接種が推奨されるかた

  • 高齢者、基礎疾患をお持ちのかたなど「重症化リスクが高いかた」
  • 重症化リスクが高いかたの関係者・介助者(介護従事者など)などの「重症化リスクが高いかたとの接触が多いかた」
  • 医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高いかた」

医療従事者だったかたで新型コロナワクチンの2回目接種から8か月を経過したかたへ

初回接種(1回目・2回目)時に医療従事者だったかたで、2回目接種から8か月を経過し、現在は離職等をされ医療従事者ではなくなったかたの追加接種(3回目接種)については、町が令和4年2月末から実施を予定している集団接種にて接種を受けることができます。

詳しくは、町新型コロナワクチン予約専用コールセンター(電話83-5815)へお問い合わせください。

65歳以上のかた

町から送付する追加接種(3回目)接種券にあらかじめ接種日時を記載した紙を同封します。紙に記載された日時に接種会場へお越しください。
なお、記載された日時で都合の悪いかた、接種を希望しないかたについては、お手数ですが町新型コロナワクチン予約専用コールセンター(電話83-5815)までお問い合せください。

64歳以下のかた

接種券の発送方法は、2回目接種から8か月以上経過したかたを対象に、順次発送する予定です。
※発送時期は状況に応じて変更となる場合があります。
※詳細が決まり次第、ホームページ、広報紙、防災無線などで随時お知らせします。

接種券発送スケジュール

今後の国からのワクチン供給状況などにより、変更となる場合があります。

3回目接種時期(予定)

2回目の接種を終えた月 3回目接種券発送
令和3年3月 令和3年11月19日発送済み
令和3年4月
令和3年5月 令和4年1月
令和3年6月 令和4年2月
令和3年7月 令和4年3月
令和3年8月 令和4年4月
令和3年9月 令和4年5月
令和3年10月 令和4年6月
令和3年11月 令和4年7月

追加接種に関するQ&A

新型コロナワクチンの追加接種の詳しいQ&Aはこちらをご覧ください。(新しいウインドウが開きます)

接種券の発行申請が必要な場合

次の場合は3回目接種券の発行には申請が必要です。

  • 2回接種完了後に東神楽町に転入した場合
  • 国内で2回接種を終えているが接種記録の登録の誤りなどにより接種記録が確認できない場合
  • 海外で2回接種・海外での接種と国内での接種を組み合わせて2回接種した場合
  • 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した場合
  • 在日米軍従業員接種で2回接種した場合
  • 製薬メーカーの治験等において2回接種した場合
  • 上記はいずれも、ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社のワクチンを接種した場合に限る

必要書類

※PDFデータとワードデータは同一内容です。いずれかに必要事項を記載し提出してください。

接種券が届かない場合

3回目接種券は、2回目の接種日からおおむね8か月以上経過したかたに順次お送りします。2回目接種日をご確認ください。
この他、以下の場合には接種券が届きません。

  • 2回接種完了後に東神楽町へ転入された場合は、接種券発行申請が必要です。
  • 住民票の住所が東神楽町ではない場合は、住民票のある市区町村にご確認ください。
  • 何らかの事情により接種記録に誤りがある・記録がない場合には、接種券が届かないことがあります。時期になっても届かない場合は、健康ふくし課(電話83-5815)にお問い合わせください。

住所地外接種を希望するかたへ

原則として住民票のある市区町村でワクチン接種を受けますが、下記のような事情がある場合は、東神楽町に事前に届け出ることで、町外在住のかたでも東神楽町でワクチン接種を受けることができます。

対象者

  • 出産のため里帰りしている妊婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • その他町長がやむを得ない事情があると認められる者
    ※入院・入所者、基礎疾患があり主治医の下で接種する場合等申請を省略できる場合があります。

申請に必要なもの

申請先

東神楽町健康ふくし課窓口までご提出ください。

海外で接種を受けたかた

海外・国内での接種を問わず、国内承認済みのワクチン(ファイザー社製、モデルナ社製、アストラゼネカ社製)の接種済回数に応じて、国内における残りの接種回数を決定します。
詳しくは専用コールセンター(電話83-5815)にお問い合わせください。

海外で接種した場合の残り回数の考え方(厚生労働省資料)(PDF 459KB)

新型コロナワクチンとその他のワクチンの接種間隔について

新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できますので、ワクチン接種をお考えの方は接種間隔にご留意ください。

厚生労働省新型コロナワクチンQ&A

新型コロナワクチンQ&A(新しいウインドウが開きます)

新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について

法務省新型コロナウイルス感染症に関連した偏見や差別をなくしましょう

https://www.moj.go.jp/JINKEN/stop_coronasabetsu.html

厚生労働省新型コロナワクチンQ&A(新型コロナワクチンの接種を望まない場合、受けなくてもよいですか。)

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0053.html

東神楽町新型コロナウイルスワクチン廃棄防止指針

町内の集団接種などにおいて予約のキャンセルなどによりワクチンの余剰が発生した場合の対応について次のとおり方針を定めました。
東神楽町新型コロナウイルスワクチン廃棄防止指針(PDF 390KB)

コールセンター(電話相談窓口)

東神楽町新型コロナウイルスワクチンコールセンター

電話番号:0166-83-5815
受付時間:平日 午前9時から午後5時

北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター

北海道民などを対象とした新型コロナウイルス感染症に関する一般健康相談窓口および帰国者・接触者相談センターとしての業務

電話番号:0120-501-507(フリーダイヤル)
受付時間:24時間

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時から午後9時(土・日・祝日も実施)

聴覚に障がいのあるかたなど向け専用相談連絡先(FAX・E-mail)

厚生労働省

北海道保健福祉部感染症対策局感染症対策課

関連サイト

カテゴリー

お問い合わせ

健康ふくし課 健康ふくし課 健康推進グループ

電話:
0166-83-5431