役場での申請などの手続きにおける押印を見直します

2021年6月24日

役場での申請等手続きにおける押印を見直します

町民の皆さまの利便性の向上と事務の効率化を図るため、申請、届出などの押印義務の見直しをおこないました。令和3年7月1日から、一部の手続きを除き、押印を省略できるようになります。

ただし、法人等が提出する書類は、引き続き代表者印の押印が必要です。

押印省略の際に必要となる書類

押印を省略する際には、一部の手続きを除き、窓口で運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類の提示が必要となります。

押印を省略できる手続きの一覧

今回の見直しにより、押印を省略できるようになった手続きは次のとおりです。

押印を省略することができる申請書等の一覧.pdf (PDF 316KB)

押印を省略できる代表的な手続きの例

  • 町営住宅の入居申込手続き

  • 町民税減免申請手続き

  • 児童クラブ入所申請手続きなど

カテゴリー