低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金について

2021年6月21日

目的

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得のひとり親、その他低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援をおこなう観点から、食費等による支出の増加の影響を勘案し、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。

支給対象者

ひとり親世帯のかた(1~3のいずれかに該当するかたが対象)

1.令和3年4月分の児童扶養手当受給者のかた


2.公的年金等を受給していることにより、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けていないかた

※1 公的年金給付等とは遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償等が当てはまります。

※2 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けているかただけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和3年4月分の児童扶養手当の支給が全額または一部停止されたと推測されるかたも対象となります。

※3 公的年金給付等を受給していても、本人または扶養義務者の平成31年(令和元年)分の収入が児童扶養手当に係る支給制限限度額を上回る場合は支給対象となりません。


3.新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっているかた


注:対象となる児童の範囲は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童(障害児の場合は20歳未満)

 

その他低所得の子育て世帯のかた

ひとり親世帯以外の住民税非課税の子育て世帯

注:対象となる児童の範囲は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童(障害児の場合は20歳未満)

給付額

児童1人あたり一律5万円

申請手続・支給時期

ひとり親世帯の支給対象者1に該当する方

申請不要です。(児童扶養手当と同じ口座にお振込みします。)

令和3年5月に北海道より支給されています。

ひとり親世帯の支給対象者2・3に該当する方

健康ふくし課で申請が必要です。

持ち物:本人確認書類、振込先がわかるもの(預金通帳等)、印鑑、戸籍謄本、平成31年1月~令和元年12月までの年金額がわかる年金振込通知(公的年金受給者のみ)、家計が急変したことがわかる書類(令和2年2月以降の任意の1か月分の収入がわかる給与明細等)

 

その他低所得の子育て世帯の方

申請不要の方

令和3年4月分の児童手当、特別児童扶養手当を受給している市町村民税均等割非課税のかた

→7月上旬に、「支給に関するお知らせ」を発送する予定です。振り込み時期は7月下旬を予定しています。

申請が必要な方

上記(令和3年4月分の児童手当、特別児童扶養手当を受給している市町村民税均等割非課税のかた)以外のかた(例:高校生のみ養育しているかた、収入が急変したかた、公務員など)は申請が必要となります。
持ち物:本人確認書類、振込先がわかるもの(預金通帳等)、令和3年1月1日以降の任意の1か月分の収入がわかるもの(給与収入のみのかた:給与明細など、事業主のかた:収支のわかる帳簿等)

申請期間

ひとり親世帯の支給対象者2・3に該当するかた

令和3年5月6日木曜日から令和4年2月28日月曜日まで

その他低所得の子育て世帯のかた

令和3年7月1日木曜日から令和4年2月28日月曜日まで

 

カテゴリー

お問い合わせ

健康ふくし課 ふくしグループ

電話:
0166-83-5430