【特設ページ】新型コロナウイルスワクチン接種について

2021年3月16日

接種の目的

現在、国内外で新型コロナウイルス感染症のワクチン開発が進められています。
令和3年2月14日、日本国内でファイザー株式会社の新型コロナウイルスワクチンが特例承認されました。
ワクチンを接種することにより、新型コロナウイルス感染症の重症化や、発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を防ぐことが期待されます。

接種開始時期

令和3年2月から、接種優先順位に従って医療従事者等から順次開始されています。
※現在、ワクチンの供給時期が確定していないため、変更となる場合も考えられますが、高齢者への接種の開始は、早くても令和3年4月1日以降になる見込みです。決まり次第お知らせします。

接種券(クーポン券)送付時期(予定)

接種券(クーポン券)については、国からワクチンの配分が決定し接種開始時期が近くなってから送付することとなっています。
ワクチンの配布時期が決定しましたら、間に合うようにクーポン券を発送します。お待ちいただきますようお願いいたします。
また、接種の予約方法や時期に関するご案内については、ホームページ、防災無線、広報紙などでお知らせします。

接種の対象者・接種順位

住民票所在地での接種が原則となります。
令和3年1月25日に実施された「新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保に係る第二回自治体向け説明会」では、新型コロナウイルス感染症患者や多くの疑い患者と頻繁に接する業務を行う医療従事者など、高齢者、基礎疾患を有する者および高齢者施設などの従事者を接種順位の上位に位置づけて接種する方針とされました。

現時点では、次のような順でワクチンを受けていただく見込みです。

  1. 医療従事者等
  2. 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
  4. それ以外の方

なお、妊婦や子どもが接種の対象となるかなどについては、安全性や有効性の情報などを見ながら国において検討されています。

接種を受けられる場所

ワクチンの保管や取り扱いにはさまざまな条件があることから、町では適切にワクチンを管理し円滑な接種を行なえるよう、接種会場などについて町内の医療機関などにご協力をいただきながら調整を進めています。

集団接種

現在のところ、主な接種会場としては交流プラザつつじ館、ふれあい交流館などでの集団接種を考えています。
集団接種期間中、接種会場などで使用するお部屋などについて利用の制限をお願いする場合があります。施設利用の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ご協力をお願いします。

個別接種

現在、ワクチンの供給状況などを踏まえ検討中です。

高齢者施設

施設入所者や身体機能が低下した高齢者の方については、集団接種の会場に来場できない可能性があるため、施設管理者など関係団体と調整し、施設内や巡回による接種を実施することで調整中です。

接種費用

無料です。

接種を受ける際の同意の取得

新型コロナウイルスワクチンの接種は強制ではありません。
接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行います。

コールセンター(電話相談窓口)

東神楽町新型コロナウイルスワクチンコールセンター

※現在、準備中です。受け付けが始まりましたらホームページ、防災無線、広報紙などでお知らせします。

北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター

北海道民などを対象とした新型コロナウイルス感染症に関する一般健康相談窓口および帰国者・接触者相談センターとしての業務

電話番号:0120-501-507(フリーダイヤル)
受付時間:24時間

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時から午後9時(土・日・祝日も実施)

関連サイト

カテゴリー

お問い合わせ

健康ふくし課 健康グループ

電話:
0166-83-5431