国民健康保険・後期高齢者医療制度における傷病手当金の支給について

2021年1月15日

国民健康保険または後期高齢者医療制度の被保険者のうち、新型コロナウイルスに感染または感染疑いとなり、会社などを休み事業主から給与の全部または一部を受け取れなくなった場合に傷病手当金が支給される場合があります。

対象者

次の要件をすべて満たすかた

  1.  国民健康保険または後期高齢者医療保険加入者で、給与などの支払いを受けている被用者。(専従者給与の方も含む。)
  2. 被用者本人が新型コロナウイルス感染症に感染、または、発熱などの症状により感染が疑われ、労務に服することができない状況にある。
  3. 休職期間中の給与、休業手当の支払いを受けられないか、一部減額されて支払われない状況にある。
  4. 2の理由により、3日連続して仕事を休み、4日目以降が令和2年1月1日から令和3年3月31日までの間に属すること。

支給対象期間

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日からその労務に服することができない期間のうち就労を予定していた日数

支給額

直近の継続した3ヶ間の給与収入の合計額を就労日数で除した金額×3分の2×支給対象となる日数

申請について

原則、申請については事前に電話にてご相談いただき、該当の適否を確認した後、申請書を送付します。また、ご本人による申請のほか、事業主からの証明、医療機関からの証明が必要になります。

申請期限

令和3年3月31日

カテゴリー

お問い合わせ

大雪地区広域広域連合 国民健康保険対策室

電話:
0166-82-3697