救急講習会の取り扱いについて

2020年9月1日

大雪消防組合東消防署では、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から実施を中止していた救命講習などを、次の感染拡大防止措置を講じた上で、令和2年9月1日から再開します。

 

感染防止対策について

  • 開催場所は3密にならない環境下を条件とし、町施設で実施されない場合については、事前に会場の面積や環境を確認した上で、実施の判断をおこないます。
  • 受講者はマスクを着用し、訓練日1週間前から「風邪のような症状」、「感染拡大している都府県への渡航歴があり発熱」がある場合は、参加を控えるようお願いします。

実施種別について

1.一般救急講習

  • 講義時間は1時間程度とします。
  • 座学講習を基本とし、実技(心肺蘇生法、AED使用法)を希望される場合は、受講者は10名程度の開催とします。

2.普通救命講習

  • 受講者は原則10名程度とします。
  • 実技は胸骨圧迫及びAED操作とし、1人でおこなう想定のみで実施します。

3.上級救命講習

  • 今年度は中止します。

4.共通事項

  • 当日、講習開始前に受講者の健康状態について確認します。(熱、咳などの症状がある場合は受講をお断りする場合があります。)
  • 人工呼吸の実技については、職員による展示のみとし、受講者は実施できません。

その他

  • 今後の感染状況によってさらに中止になる場合があります。

 

カテゴリー

お問い合わせ

大雪消防組合東消防署

救急係

電話:
0166-83-0119