【おしらせ】第25回参議院議員通常選挙の不在者投票について

2019年6月26日

不在者投票について
選挙期日(投票日)に投票に行けない、仕事や旅行などで住んでいる地域以外の場所に出かけているなど、さまざまな状況でも投票できる次の制度があります。

(1)不在者投票制度
仕事や旅行などで、選挙期間中、選挙人名簿に登録されている住所地以外の市区町村に滞在している方は、滞在先(現住所地)の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。
また、指定病院等に入院等している方などは、その施設が不在者投票施設に指定されているときは、施設内で不在者投票をすることができます。

・対象となる選挙人
転出や仕事、旅行、レジャー、冠婚葬祭等の用務があるなど一定の事由に該当するため、選挙期日(投票日)に選挙人名簿に登録されている住所地で投票ができない方

・投票の手順
①選挙人名簿に登録されている住所地(入場券の発送元)の選挙管理委員会に、不在者投票をしたい旨の連絡(直接または郵便等)を行います。
②①の選挙管理委員会から、不在者投票宣誓書兼請求書(以下「宣誓書」という。)を受け取ります。
※宣誓書は、最下段から様式をダウンロードしてご利用できます。
③住所(『現住所』欄および『選挙人名簿に登録されている住所』欄)、氏名、生年月日、宣誓書記載年月日を記入し、自分が選挙期日(投票日)に投票ができない事由を1つ選択します。
④①の選挙管理委員会へ宣誓書を郵送します。
⑤①の選挙管理委員会から投票用紙などの必要書類が郵送されてきます。
⑥送られてきた書類を開封せず、そのまま滞在先(現住所地)の選挙管理委員会に提出します。
⑦滞在先(現住所地)の選挙管理委員会において書類の確認を行い、投票用紙と封筒を受け取ります。
⑧投票は、選挙管理委員会の指示に従い行います。
⑨滞在先(現住所地)の選挙管理委員会から①の選挙管理委員会に簡易書留により郵送されます。

・早めの手続きを
不在者投票は、手続きから投票後の投票用紙を郵送まで時間を要する場合があります。
特に、遠隔地や被災地などからの手続きには、郵送等の事情により時間を要すると思われますので、お早めにお願いいたします。

・投票期間、時間、場所など
不在者投票ができる期間等は、次のとおりです。
期間:7月5日(金)から7月20日(土)
時間:午前8時30分から午後8時00分
場所:東神楽町役場1階ホール

・指定病院等における不在者投票
指定病院等に入所等している選挙人が、病院長等を通じて請求することができ、投票は病院長等の管理する場所で行います。
※「指定病院等」とは、都道府県の選挙管理委員会が不在者投票のために指定した病院・老人ホーム等をいいます。

不在者投票宣誓書兼請求書.pdf (PDF 176KB)
不在者投票宣誓書兼請求書記載例.pdf (PDF 237KB)

カテゴリー

お問い合わせ

選挙管理委員会

電話:
0166-83-2112