○東神楽町建設工事執行規則

昭和53年4月10日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、法令及び条例に別段の定めがあるものを除くほか、町が行う建設工事の執行に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「建設工事」とは、道路、河川、土地改良、都市計画、治山、林道、公園等に関する土木施設物を新設し、増設し、改良し、若しくは補修し、又はその災害復旧のために行う工事並びに建築物(附帯設備を含む。)を新設し、増築し、改築し、移転し、修理し、又は模様替えする工事及びその敷地造成に関する工事をいう。

(工事用地の取得)

第3条 町長は、工事用地(工事の施行上必要な用地で町長の指定するものを含む。)について他に権利者のある場合は、あらかじめその権利者から、所有権、地上権その他の権利を取得した後でなければ工事に着手してはならない。

2 町長は、当該建設工事の執行上特に必要がある場合は、前項の規定にかかわらず、工事用地についてあらかじめその権利者から工事着手の同意を得て工事に着手することができる。この場合においては、工事完了までにその所有権、地上権その他の権利を取得しなければならない。

(工事の執行方法)

第4条 建設工事は、請負、直営若しくは委託のいずれかの一の方法により、又はこれらを併用して施行する。

(直営)

第5条 次の各号のいずれかに該当する建設工事は、直営をもって施行する。

(1) 急施を要し、請負に付することができないもの

(2) 請負に付することが不適当と認められるもの

2 建設工事の直営について必要な事項は、町長が定める。

(委託)

第6条 建設工事の委託について必要な事項は、町長が定める。

(請負)

第7条 請負に付する建設工事は、東神楽町契約規則(平成23年規則第8号。以下「契約規則」という。)の定めるところにより、一般競争入札、指名競争入札又は随意契約により請負人を定めて施行する。

(請負人の資格)

第8条 建設工事の請負人の資格については、契約規則及び建設業法(昭和24年法律第100号)に定めるところによるほか、町長において必要と認める要件を定めることができる。

(入札人心得書)

第9条 町長は、建設工事を請負に付するため入札を執行する場合は、当該入札の場所に入札に関し必要な事項を記載した入札心得書を備え置くものとする。

(開札)

第10条 開札には、関係職員を立ち合わさなければならない。

(契約の締結)

第11条 町長は、落札の通知をした請負人又は随意契約の申込みを承諾した請負人との間に、別記様式の書式を標準として、契約書を作成し、契約を締結しなければならない。ただし、契約規則第34条の規定の適用を妨げるものではない。

(前金払)

第12条 町長は、前金払をする必要がある建設工事の請負契約を締結するときは、契約書に、前金払の額又は率、その支払の時期及び方法その他必要な事項を約定しなければならない。

(貸与品及び支給材料)

第13条 町長は、当該建設工事の適正な執行を期するため必要があるときは、請負人に対し、設備、機械等を貸与し、又は材料を支給することができる。この場合において、前条の規定を準用する。

(損害保険の付保)

第14条 町長は、建設工事の種類、その施行の時期等に応じ当該工事の完成前に火災その他の損害の発生する危険があり必要があると認めるときは、請負人において当該工事の目的物及び工事材料(第13条の規定による貸与品及び支給材料を含む。)について、火災保険その他の損害保険を付させるものとする。この場合において、第12条の規定を準用する。

(跡請保証)

第15条 町長は、建設工事の種類及びその施行の時期によって、当該建設工事の適正な執行を確保することができないこととなるおそれがあると認める場合においては、請負人に対し、当該工事の全部又は一部につき、相当の期間、跡請保証をさせるものとする。

2 前項の規定により跡請保証をさせる場合において、町長は、当該跡請保証部分に相当する請負代金相当額以内の保証金を当該請負人に納めさせるものとする。

3 前項の規定による跡請保証金の納付は、国債、地方債又は契約規則第7条各号に掲げる担保の提供をもって代えることができる。

4 第13条の規定は、跡請保証について準用する。

(工事工程表等)

第16条 町長は、第11条の規定により契約を締結したときは、速やかに請負人から当該建設工事の工事工程表(必要がある場合は、工事工程表及び請負代金内訳書)を徴さなければならない。

2 町長は、前項の他請負人に対し、必要な書類の提出を求めることができる。

(工事の着手及び完成)

第17条 請負人は、契約締結後5日以内に工事に着手しなければならない。

2 請負人は、工事に着手し、又は工事が完成したときは、速やかに町長に届け出なければならない。

(検査及び引渡し)

第18条 町長は、請負に係る建設工事の完成の届出があったときは、速やかに検査員をして、請負人立会いのうえ、実地検査を行わせその事実を確認しなければならない。

2 前項の規定は、工事の完成前に、その一部が完成し、若しくはでき形部分について検査を行う必要がある場合又は契約を解除した際において工事のでき高部分がある場合について準用する。

3 町長は、第1項の検査により当該建設工事が契約に従って完成したものであることを確認したときは、遅滞なく当該目的物の引渡しを受けなければならない。前項の規定により工事の一部が完成した当該部分又は何分のでき形部分等の引渡しを受けようとする場合においても、また同様とする。

(工事監督員)

第19条 町長は、建設工事を請負で執行するときは、建設工事ごとに、工事監督員を定め、請負人に通知しなければならない。工事監督員を変更した場合も同様とする。

2 工事監督員は、町長の指揮を受けて建設工事現場における請負人の当該工事の履行に関し、契約規則第54条の規定による一般的職務を行うほか、次の各号に掲げる場合その他当該工事の適正な執行に支障があると認められる事実が生じた場合において、必要があると認めるときは、速やかに町長に報告し、その指示を求めるものとする。

(1) 工事の施行に当たり、設計図書と工事現場の状態とが一致しないため、設計若しくは工事の変更を必要とし、又は工事の中止をする必要があるとき。

(2) 工事現場の災害その他異常な事態が発生したとき。

(3) 請負人の責に帰すべき工事の遅延又は施工に支障を及ぼす程度の不良な天候の継続その他の理由により工期内に当該工事が完成しないおそれが生じたとき。

(4) 請負人が契約に基づく監督上の指示に従わず、又は公安上若しくは災害防止上当然に必要な処置をしなければならない場合においてその措置の要求に応じないとき。

(5) 現場代理人、主任技術者、監理技術者、専門技術者その他請負人が工事を施行するために使用している下請負人又は労働者等で、工事の施行又は管理につき著しく不適当と認められるものがあり、その交替を要求する必要があると認めるとき。

3 町長は、必要があると認めるときは、当該工事監督員を第18条第1項(同条第2項において準用する場合を含む。)の規定による検査に立ち会わせることができる。

(工事の標示)

第20条 町長は、建設工事を施行するときは、工事名、工期、工事施行方法その他必要な事項を公衆の見やすい場所に標示しなければならない。ただし、軽易な建設工事については、この限りでない。

(適用除外)

第21条 この規則は、第13条及び第18条の規定を除き工事一件の設計金額が1,300,000円未満の建設工事には適用しない。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 東神楽町建設工事施行規則(昭和38年4月1日)は、廃止する。

附 則(昭和61年規則第3号)

この規則は、昭和61年4月20日から施行する。

附 則(平成9年規則第15号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成14年規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年規則第6号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年規則第15号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

東神楽町建設工事執行規則

昭和53年4月10日 規則第4号

(平成23年4月1日施行)