健康くらぶについて

2017年3月27日

ひがしかぐら健康くらぶとは

イメージイラスト
 

町民一人一人の体を『見える化』する新たな取り組みの1つとして、平成28年度に『ひがしかぐら健康くらぶ』を設立しました。これはスーパー食育スクールでも事業連携してきた「タニタヘルスリンク」と再びタッグを組み、効果的なヘルスプロモーション活動を実践するもので、「タニタ健康プログラム」で町民がいつまでも健康で元気に明るく過ごせるまちづくりに貢献しようとするものです。
「タニタ健康プログラム」とは『はかる』からはじめる健康づくりで、タニタの活動量計を使用して、1日の総消費カロリーや歩数を計測し、町内にある4か所(役場、これっと総合体育館、ふれあい交流館、森のゆ花神楽)の計測スポットである『健康の駅』に設置してある体組成計で体の変化を計測し、そのデータを健康管理ポータルサイト「からだカルテ」に送信することで、パソコンやスマートフォンなどで体の変化を確認し、自らの健康管理に役立てるものです。
ひがしかぐら健康くらぶの活動が、町民の健康寿命の延伸や医療費の適正化につながっていくことも大きな目標のひとつです。

会員募集中

今後も 「タニタヘルスリンク」とともに新たな事業を展開していきますので、まだ会員登録をされてない方は、ぜひ手続きをして、一緒に楽しく健康になりましょう。

会員にはお得な特典がいっぱい!

健康くらぶの会員になると、健康管理ポータルサイト「からだカルテ」から、「タニタ社員食堂レシピ」や「タニタ健康コラム」を閲覧することができたり、町内で開催する健康セミナー、料理教室、運動教室などに優先的に参加したりすることができます。
また、ひとりでただ歩くだけではつまらない!というかたのために、「からだカルテ」を活用して、活動量計を使ったバーチャル歩数イベントに参加できます。世界中のウォーキングコースを疑似体験しながら、ゴールを目指すといった楽しみ方もあります。

健幸ポイント制度が始まりました

平成29年度から『健幸ポイント制度』を導入しました。健康くらぶへの入会(継続)、健康診断の受診、日々のウォーキング、体組成の測定、健康づくり事業への参加などで、あなたの活動量計にどんどんポイントが貯まっていきます。
貯まったポイントは、「健康の駅」で確認することができ、ポイントを貯めると、貯まったポイントに応じて「ごみ処理券20枚」、「森のゆ花神楽入浴券」、「町商工会500円分商品券」をプレゼント!ぜひ、健康くらぶに入会して、お得に健康になりましょう!

東神楽町健康食育コンシェルジュを認定

町民の健康増進とともに、その活動を通じて地域における健康活動の促進を図るため、健康と食育に関する知識を有する4名を「東神楽町健康食育コンシェルジュ」として認定しました。認定条件は、東神楽町と「タニタヘルスリンク」が実施するインフルエンサー養成研修を修了し、健康・食育に関する識見、経験及び熱意の観点からコンシェルジュとして適当と認めるときに町長が認定することとしています。

○堤 泰樹
農業経営者。株式会社東神楽アグリラボ代表取締役社長。町内の若手農業者らを中心とした法人を立ち上げ、圧倒的な鮮度の農作物をひじり野地区の「ハル・マーケット」で販売。町健康食タウン推進協議会委員。

○坂上智康
レストラン料理長。町内にあるブッフェ&カフェレストランomp 料理長。東神楽町産の野菜を中心としたヘルシーメニューを提供。

○松田しのぶ
野菜ソムリエ。東神楽町、旭川市などを中心に多くの料理教室講師を務めるほか、町の食育に関する協議会委員も兼任。アスリートフードマイスター他資格多数。

○三澤美穂
健康運動指導士。東神楽町、旭川市などを中心にエクササイズ、幼児体育、パーソナルトレーニングを提供。道北地区を中心に障がい者スポーツ活動も実践。ひめトレエクササイズインストラクター他資格多数

お問い合わせ

健康ふくし課 ふくしグループ

電話:
0166-83-5430