地震

TOP > 便利ガイド > 防災情報 > 地震

地震から身を守る最大のポイントは日頃の備え。けがや火災などの2次災害を引き起こさないためにも、いざというときの行動を確認しましょう。

地震への備え

地震イメージ
  1. 家具の転倒や落下の防止
    家具の転倒や落下を防ぐために、家具の固定をしっかりと。テレビなどは高いところに置かない。本棚、ロッカーなどは軽いものは上に、重いものは下に。
  2. ブロック塀の倒壊を防ぐ
    ブロック塀は地震で倒壊することも。基礎がしっかりしているか、鉄筋が入っているかなどチェック。
  3. 2次災害に備えて
    ガス漏れや火災に備えて、火の始末は素早く。普段からガス管やガスボンベを点検し、火もと付近に燃えやすいものは置かない習慣を。
  4. 崖崩れなど自然環境に注意
    山崩れやがけ崩れのおそれがある地区では、居住地の自然環境をよく知っておくことが必要です。

地震が起きたときは

  1. まずは身の安全
    テーブルの下にもぐるなどして、家具の倒壊や落下物に注意してけがにあわないように。
  2. 素早く火の始末
    揺れを感じたら素早く火の始末を。火の近くに燃えやすいものがないかも確認。
  3. 出口の確保
    震動でドアが開かなくなることも。戸を開けて避難口の確保を。避難がすぐできるよう屋内でも靴を履いていることが必要。
  4. 火事になったらすぐ消火
    万一出火しても天井に燃え移る前なら大丈夫。あわてず消火を。
  5. あわてて外に飛び出さない
    揺れている最中に飛び出すのは落下物などでけがをするもと。冷静な判断を。
  6. 狭い路地やブロック塀には近づかない
    ブロック塀や自動販売機は倒壊のおそれがあります。素早く避難を。
  7. 協力し合って応急救護
    地域ぐるみで協力しあって応急救護の体制を。
  8. 山崩れ、がけ崩れに注意
    居住地の自然環境を把握し、2次災害にあわないように。
  9. 正しい情報を聞く
    間違った情報に惑わされず的確な行動を。
  10. 避難する前に
    避難する前に、ガスの元栓を閉め、電気のブレーカーを落としましょう。また、親戚や知人に避難する旨を連絡しておきましょう。
  11. 速やかに避難しましょう
    避難勧告などは、危険が迫ったときに出されます。避難の際は警察や消防、役場の指示に従って速やかに避難しましょう。
  12. お年寄りなどの避難に協力を
    お年寄りや子供、病気の人や妊婦の方など災害弱者の方は早めの避難が必要です。近所の災害弱者の方の避難に協力しましょう。
  13. 避難は徒歩で
    マイカーでの避難は危険な上に、緊急出動の障害にもなります。避難場所には徒歩での移動を。

このページについてのお問い合わせ先

担当
総務課
電話
0166-83-2112