各種手当など

TOP > 暮らしの情報 > 健康と福祉・教育 > 赤ちゃんとお母さんのために > 各種手当など

児童手当

中学校修了前の児童を養育している方に児童手当を支給します。

対象
中学校修了前の児童を養育している方
内容
2月、6月、10月に前月分までを支給します。
・3歳未満:1万5000円
・3歳以上小学校修了前「第1,2子」:1万円
・3歳以上小学校修了前「第3子以降」:1万5000円
・中学生:1万円
※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として5000円を支給します。
申請
出生届または転入届提出時に健康ふくし課で申請してください。また、対象者は毎年6月に児童手当現況届を健康ふくし課に提出してください

児童扶養手当

離婚または死亡などで父親のいない児童を養育している母親または養育者に児童扶養手当を支給します。ただし、所得制限により手当額の一部もしくは全部が支給されないことがあります。

対象
離婚、婚姻によらない出生もしくは父親が死亡、重度の障がい、生死不明または引き続き1年以上の遺棄や拘禁の状態にある18歳以下の児童(18歳になった年度末まで、障がい者の場合 は20歳未満)を養育している母親または養育者
内容
4月、8月、12月の11日にそれぞれ前月分までを支給します。
1人目の児童については、全部支給の場合で月額42,330円を支給します。また、2人目の児童には10,000円、3人目以降の児童には一人につき6,000円が加算されます。
※平成28年8月から支給額が変わりました。
申請
対象となる状態になったときに健康ふくし課に申請してください。また、毎年8月1日から8月31日までに児童扶養手当現況届を提出してください。

特別児童扶養手当

身体または精神に障がいのある児童を養育している方に特別児童扶養手当を支給します。ただし、前年(1~7月までの月分の手当については前々年)の所得が一定額以上の場合には、所得制限により支給されません。

対象
20歳未満の重度または中度の障がい児を養育している方
内容
重度の障がいを持つ児童を養育している方には一人につき月額4万9900円、中度の障がいを持つ児童を養育している方には一人につき月額3万3230円支給します。ただし、児童福祉施設に入所している場合は支給されません
申請
対象となる状態になったときに健康ふくし課に申請してください。また、毎年8月11日から9月10日までに特別児童扶養手当現況届を提出してください

障がい児福祉手当

詳しくは障がい者のページをご覧ください。

遺児手当

交通事故、労働災害、不慮の災害で両親かそのいずれかを失った18歳以下の児童(18歳になった年度末まで)を養育している方に、児童一人につき月額3,000円を支給します。対象となる方は健康ふくし課に申請してください。

このページについてのお問い合わせ先

担当
健康ふくし課
電話
0166-83-5430